皆様こんばんは、小池です。

先月以来、結構たくさんお休みをいただいております。
1月の休みは体調不良で無駄にしてしまいましたが、
今月のはちゃんと活用しましたよ!


行ってきたのは然別湖。

……読めないですよね。それ以前にどこそこ? ですよね。

「しかりべつこ」と読みます。
日本最大の国立公園、大雪国立公園の南端にあります。
北海道の湖で、一番標高の高いところにあるそうです。
(以上、ネイチャーガイドさんの受け売りでした)

国立公園の中ですから、なーんにもありません。
自然が大好きな方限定の場所です。


とりあえず札幌から特急列車に乗ります。

NCM_0585.JPG

スーパーおおぞら! ブルートレイン!

この日は札幌から既に混んでいて、指定席エリア満杯。
平日の昼間なら空いていると思ったのですが、甘かったようです。
外国からの観光客の方がどんどん乗り込んできます。

NCM_0589.JPG

豪華なお弁当がちょっと場違いっぽい……
と思いながらも、お腹は空くので美味しく完食しました。

JR新得駅で降りると、ホテルの人が出迎えてくれます。

目指す然別湖はここから車で1時間ほどの場所にあります。
駅前の町を抜け、どんどん山奥へ登ります。

所によっては車一台しか通れないような細い道を抜け、
最後にトンネルをくぐると、やっと到着です。

NCM_0596.JPG

ありがとうございました。自力じゃ怖くて来れないです。

バンの後ろにチラッと見切れているのが最後のトンネル。
ここに来るにはこの道を通るしかありません。
さらにこの奥に続く道もありません。どんづまり。

……名探偵コ〇ンとか金〇一少年の事件簿とかに
ありそうなシチュエーションだ! と密かにテンションアップ。
これで崖崩れなんかで道が塞がれば完璧です(何が)。

阿呆な連想はさておき、こちらがお世話になるホテルです。

NCM_0598.JPG

ホテル福原。創業は昭和40年というから驚きです。
私、まだ生まれていませんよ。

歴史ある老舗ホテル……ますますテンションが上がります。

NCM_0601.JPG

案内していただいたお部屋がこちら。

古いですが、雰囲気が非常に落ち着けます。
こういう空気ってどこから来るんでしょう。
新しけりゃいいってもんじゃないんですね。

で、写真右端に見切れているテレビなんですけど。

いまだに地上アナログ放送での受信なんだそうです!


聞いた瞬間頭の中に「アナロ熊のうた」が再生されました。
停波から3年、とっくに絶滅したと思っていたよ!
さすが熊、北海道の山奥に逃げ込んでいたんだね!
(ネタが分からない方は検索してみてください)

実際は、国立公園内の自然を保護するため、
デジタルアンテナを立てられないのだそうですよ。


冬の然別湖の売りは、結氷した湖面に作られる氷の村、
「しかりべつ湖コタン」です。
せっかくなので明るいうちに見学に行くことにしました。



▼2015年★卒業×フォトブックキャンペーン
卒業×フォトブックキャンペーン
フォトブックのキャンペーン中です! 2冊以上注文で安い!
種類が違っていても、卒業写真じゃなくてもOKです!
詳しくはバナーをクリックするか、店員へお声掛けください!

※記事の内容は記事公開時点での情報です。閲覧頂いた時点では商品情報や金額などが異なる可能性がございますのでご注意ください。