こんにちは!
カメラのキタムラ イオン一関店のシラルンです♪

最近人気の「写ルンです」
「使い捨てカメラ」や「インスタントカメラ」と思われていることが多いですが、違います!

「写ルンです」=「レンズ付きフィルム」
カメラではなく、写真が撮れるフィルム
そう!あくまでフィルムなのです

インスタントカメラだとチェキなどの「その場で印刷されるカメラ」になります

写ルンですはカメラではないので、細かい設定をしてくれませんし出来ません
なので撮影にはコツがいります
大きく3つのポイントがあるので、それさえ守れば失敗は大きく減らせます


その1、日光の当たらない場所ではフラッシュを使う
人間の目は暗い場所でもそれなりに見えますが、カメラはそこまで高性能では無いのです!
設定が一定の写ルンですならなおのこと!
一見、明るく見える室内でもフラッシュを使わないと最悪何も写りません
ということは、フラッシュ禁止の水族館などの場合は…あきらめましょう
夜景も見たようには写りません


その2、撮影距離
写ルンですのファインダーを覗いて被写体に近寄っても何も変化が無いので忘れがちです
最短撮影距離は1メートル!
それより近づくとピントが合いません!ぼやけます!!

フラッシュを使うときには到達距離にも注意!
概ね3メートルより遠くなるとあまり意味がありません
3メートルって結構近いです

それと、ファインダーとレンズの位置にズレがあるのも意外と影響があります
余裕があるなら気持ち上を狙いましょう


その3、指の写りこみ
撮影に夢中になると持ち方に気を使わなくなります
レンズの部分があまり凸っていないので、ついレンズの前に指が行きがちになります
首から上が指で隠れてたなんて残念この上ないです


撮り終わったらカメラのキタムラにお持ちください
プリントからスマホへの転送まで全部できちゃいます
写ルンですの転送サービス
現像料金 フィルム1本につき600円(税込648円)
データ化・スマホ転送 フィルム1本につき800円(税込864円)
転送サービス
これでInstagramやfacebookなどのSNSで写真を共有できますね♪
Instagramに「写ルンです」の写真をUPするときは
♯写ルンです
♯フィルム
♯フィルムカメラ
のハッシュタグがとくに人気のようです

まだ「写ルンです」を買ったことないという方も
カメラのキタムラで売っていますので
フィルムカメラに挑戦してみてくださいね♪

※記事の内容は記事公開時点での情報です。閲覧頂いた時点では異なる可能性がございます。