どーも、Dr.Tです (´・ω・`)ノ チャオ

初めて、名作と名高い
スタンリー・キューブリックの「シャイニング」
を観ました

お噂はかねがね~って感じで気になっていたんですが
正直世代が違うと言うことで今まで観てきませんでした

Tの中ではついに!という事で
昨日の夜観てみたのですが

うーむ…難しい…( ̄ω ̄;)

という事で今回は飯の写真を無しにして
シャイニングを観て疑問に思ったことをズラズラ書いてみようかなと思います
ネタバレもありますので、NGな方は見ないでくださいw
それと最初に予防線を貼っておきますがw
まだ1回しか観ていませんので
勘違いや読み取れてない部分も大量にあるはずです

パッと今思いつく疑問は5つ
 1:237号室とは?
 2:ダニーにボールが転がってきたとき、なぜ「ママ?」と言ったのか?
 3:ホテルの悪霊(仮)が母親のウェンディを強いと言う根拠は?
 4:ジャックはなぜ最後、ホテルの悪霊の一員になれたのか?
 5:ホテルの悪霊はなぜ冬季にしか出てこないのか?

・1について
 見た限り237号室で何か事件や事故は無かったはずです
 老婆のシーンは237号室で過去に実際に起きたかは怪しいですし…
 後のシーンでも悪霊はどこにでも現れることが出来ることわかっているので
 237号室がキーとは思えません
 ハロランも何も無いと言っています
 単に子供のダニーに余計な事を言わなかっただけかも知れませんが
 共に力を持っている事を認識した後で隠すのもおかしい気が…

・2について
 ダニーが遊んでいるとボールが転がってきて237号室のドアが開いている
 ダニーが237号室に入るきっかけのシーンですが、なぜ「ママ?」?
 作中ウェンディとボールの接点はありません。このボールで遊んでいるのは父親のジャック
 しかもご丁寧に壁に思いっきりぶつけてキャッチするという、いかにも転がっていきそうな遊びを
 ジャックはしているのに…なぜダニーはママだと思ったんでしょう?



引っ張る話ではないのですが
ブログのネタも切れぎみなので、前後編にしたいとおもいます
次回は3つめの疑問から書いていきます



 

※記事の内容は記事公開時点での情報です。閲覧頂いた時点では商品情報や金額などが異なる可能性がございますのでご注意ください。