みなさんこんにちは!うらGOです!

昨日の日本VSオーストラリアは見ましたか??

やっぱり相手のレベルが上がると盛り上がりますね!!

サッカー好きも、そんな興味ない人も、かなりの人々が観戦したんじゃないでしょうか?

結果は1-1。この受け止め方は様々でしょうね!

多くの人が、『審判が・・・』と思ったのではないでしょうか?

サッカーよくわからない!審判の判定はなんであーなったの?という方に
完全に個人的な見解でそれっぽい解説を

サッカーの審判の最大の仕事は、試合をコントロールすること。です。

ひとつひとつのプレーの間で笛を鳴らしリセットさせ、ラフプレーや紳士的ではないプレーには注意を与えます。

しかし、これを実行するのは人間です。個人差が生まれてしまいます。
よく問題になるのが、カードを出す基準ファールを取る基準です。
ある一つのプレーでも、カードを出す審判、出さない審判がいます。
これは、全く同じ反則はできないので、どうしてもその人判断になります。

これがどういう問題になるか?
例えば昨日の試合でもそうですが、試合の最初のそこまで厳しくないファールカードを出してしまった場合。
審判は試合をコントロールすることが仕事なので、そこで厳しすぎたかな?と思っても、その後の同じレベル(そこまで厳しくないプレー)でもカードを出さなくてはいけません

さらに、レッドカードを出してしまった場合。
一人退場させるということはチームとしては非常に痛手です。
しかし、出してしまったものを取り消すことはできません。
厳しすぎたかな?と思っても取り消すことはできないので、同じように相手チームにもレッドカードを出す。ということは、ありえます。

これはうらGO個人の考えですが
昨日の試合でオーストラリアに2枚目のイエローカードレッドが出た時
審判は2枚目だということに気づいてなさそうでした。
もしここで、厳しかったかな?と思えば、その後のジャッジで日本に厳しくなります。(お互い様にすれば、試合をコントロールできるという意識)
そこから生まれた内田のファール&PKだった可能性はあります。
あれはどうみても、ファールに見えません。
しかし、オーストラリアに厳しいだろ!と思っていたオーストラリアサポーターは、そりゃ日本にもそれぐらいやってくれないと!と納得するはずです。
これで、コントロールしているということなんでしょう。

さらに最後のまさかのFK獲得後の試合終了ですが、有り得ない話ではないです。
まぁびっくりしましたけど(笑

試合をコントロールする審判が、時計をあまり見ていなくて、もう時間だ!
時間が来たら終わらせないと!と思って終わらせたんでしょう。

両チーム、審判に言いたいことはたくさんあるでしょう。(表面では言わないと思いますが)

しかし、審判のせいばかりにもできません。
その日の審判がどういった人か?見極めるのも大事なことです。
最初のカードで、あれぐらいでカードが出るのか?とわかれば、プレーの仕方も変わってきます。

それより昨日の試合で問題なのは
審判関係なく、勝ちきれなかったことです!
最後の局面でアイデアの少なさ、連携の少なさ、パワープレーで完全に負けていたこと。等、たくさん課題が見えたはずです。選手はもちろん感じていると思いますが。
どんな審判だろうが勝てるのが、強いチームです!

期待値が高いからこそ、見せてほしいですね!
強すぎる日本を!!
ここから期間が空きますが、より強くなった日本を期待しましょう!!

がんばれ日本!!!


※記事の内容は記事公開時点での情報です。閲覧頂いた時点では商品情報や金額などが異なる可能性がございますのでご注意ください。