村上の旅もそろそろお終い。
最後に美味しいものでも食べて帰りたいものです。
奥さんがるるぶを見てチョイスしたのが、こちら。
いかにも高級そうな割烹料理店。大丈夫でしょうか!?

P7241735.JPG
「割烹 新多久(しんたく)さんです。
なんと驚いたことに、新多久さんが創業したのは1867年。
幕末は大政奉還の年です。

なかに入ると、着物姿の女将さんが迎えてくださいました。
お昼時でしたが、お客さんは僕たちともう一組。
平日だったからでしょうね。

P7241743.JPG
店内はシックなダークブラウンでまとめられ落ち着いた空間。
テーブルとイスもピカピカに磨かれています。

今回オーダーしたのは、ランチ限定の竹かご弁当。
お値段なんと1600円。安い!
P7241738.JPG
かごに盛られたなんとも美しい料理の数々!

こちらの料理人の方は京都で修行されたそうです。
繊細で隅々まで心配りが感じられる、そんなお料理でした。
やわらかジューシーな出汁巻き卵、さくさくのなすのフライ、
村上自慢の塩鮭、牛肉のしゃぶしゃぶ、どれをとっても美味!


P7241739.JPG
つややかなご飯も本当に美味しい!
やっぱり新潟のお米はサイコ~ですね^^

 P7241742.JPG
いや~、旅の最後にこんなステキな出会いがあるとは。
このお店を見つけた奥さんを褒めてあげないと^^
ちょっと道が入り組んでいてわかりにくかったんです。

こうして無事村上を後にしたハシモトでした。
思い出に残る2日間の旅でした。

Tシャツプリント 1枚から作れるオリジナルTシャツ
お気に入りのマグカップで、どこでもカフェ気分♪

※記事の内容は記事公開時点での情報です。閲覧頂いた時点では商品情報や金額などが異なる可能性がございますのでご注意ください。