IMG_0807.JPG
ドランク探偵 ハシモトです。

前回の探偵日誌で、黒霧島の話を書きました。⇒
前回のブログ
「長岡では赤霧島は滅多にお目にかかれない」という記事を読んだ
ハシモトの妹が、なんと赤霧島を送ってくれました!

ハシモト妹は九州の佐賀県に住んでおり、
九州では赤霧島は普通にスーパーで売られているものなのだとか。
なるほど、長岡のスーパーに久保田やら吉野川が売られているのと
同じですね^^

黒霧島は黄金千貫というサツマイモを原料に、黒麹で醗酵させた
お酒です。それに対して赤霧島は、「ムラサキマサリ」という紫芋を
原料に焼酎麹でつくられたお酒なのです。

赤霧島、どんな味でしょう?
う~ん、とってもマイルド。黒霧島は芋の甘みがまずガツンときますが、
赤霧島はとても上品で甘ったるくありません。そしてアルコール独特の
ツンと刺すような刺激もかなり抑えられているように思います。
ゆっくりと静かに飲むのに適している焼酎だなと思いました。
しみじみ美味しいですね~。

妹には村上の美味しいハラコを送っておきました^^

みんなで作るフォトブック「フォト本」サイトのご案内です



※記事の内容は記事公開時点での情報です。閲覧頂いた時点では商品情報や金額などが異なる可能性がございますのでご注意ください。