こんにちは。こいちゃんです。

前回の続きです。

只見線へ向かうと決めたものの、運転本数の少なさでは全国トップクラスの路線・・・・
時刻表を捲ってみると、小出を昼過ぎに出発するスジがターゲットになりそう。撮影場所もろくに知らない路線だが、時間は充分にあります。国道252号線を只見方面へ。平地よりも山間部での撮影にしようと、入広瀬・大白川を過ぎ県境付近に到達。

国道252号線は冬季は雪のため、県境の峠道は通行止めとなります。新潟県側と只見を結ぶ唯一の道路のため、冬の交通手段は鉄道の只見線のみ。廃線にならないのはこれが理由とのウワサも・・・・

国道沿いで見つけたポイントは新緑や紅葉の写真で有名な場所でした。空は相変わらずのドン曇りでしたが、今更変更出来ないのでそこで待つことに・・・・

が、残念ながらタイムアップ・・・

BT5C2031-2.jpg

オマケに今年は雪や雨が少なく湖の水面がかなり低い位置にあります。水位がもっと高かったら・・・・・。晴れてくれたら・・・・・。Orz・・(2回目)

気を取り直して只見方面へ。ようやく太陽が顔を出してきました。列車はすでに只見に到着してしまっているので、市街地をスルーし、不通区間ももちろんスルー。会津川口を越えて場所を探しつつさらに東へ。

鉄橋を渡るのが撮影出来る場所を発見し、三脚をセット。青空では無いけど晴れています。手前側に新緑が鮮やかな枝があったので画面左側に配置し、待ちます。しかし、通過直前に風の影響で枝が大きく揺れて、
BT5C2040-2.jpg

中途半端な感じに・・・・。枝が左1/3くらいを占めて、列車はもっと右よりに配置するつもりだったのが、そのタイミングでは枝がフレームアウト・・・・なんとか写ったのがこのコマです。Orz・・(3回目)

この後はしばらく列車が無いので帰路に。国道49号線を通り、三川から赤谷経由で新発田へ。空は雲ひとつ無く、見事な夕焼け!水鏡と夕日のコラボが撮影できるかも!と西新発田へ。結果がこちら・・・

BT5C2047-2.jpg

こちらも風の影響で水鏡が・・・・・Orz・・(4回目)

天気に翻弄され、駄作を量産した一日でした・・・・・

では、またです。

※記事の内容は記事公開時点での情報です。閲覧頂いた時点では商品情報や金額などが異なる可能性がございますのでご注意ください。