こんにちは。こいちゃんです。
毎年5月、6月は遠征を行います。この遠征のために仕事を頑張っているといっても過言ではない!?ワタクシですが第一弾は青森へ向かいました。
東北新幹線の函館延伸により、青函地区の鉄道情勢が大きく変わります。カマ(機関車)好きでは何といってもED79です。青函トンネル内は新幹線の電圧に合わせるため、その電圧に対応しない車両は走れなくなります。ED79もそのうちの一つで、JR北海道の0番台・JR貨物の50番台も消える運命・・・・。
日の出の早いこの時期の青森県側では、北斗星、はまなすの撮影も出来ます。客車列車好きとしてはたまらない季節ですね!

仕事が終わった後、新潟駅前から高速バスで仙台へ。仙台からは「はやぶさ95号」で青森までという、先秋の青函トンネル見学の時と同じルートです。青森でレンタカーを借り、出発!ですが、午前中の上りED79貨物は時間が間に合わず、午後の下り貨物からになるので、津軽線や海峡線のロケハンを行いました。

空は雲ひとつ無い良い天気なので、順光で撮影できる場所を探しますが、その時間帯は難しくて、やっと見つけた場所で撮影
BT5C2059-2.jpg

BT5C2066-2.jpg

編成後部が切れてしまいますが、貨物列車なので問題ないと思います。重連のED79がパンタグラフまでキレイに写ってかなり満足の出来です。

次のスジまでは少し時間が空くので、遅い昼食と昼寝タイム。休憩後は場所移動して撮影。

BT5C2077-2.jpg

BT5C2083-2.jpg

田植えのシーズンなので、水鏡をと思いましたが水の量が少ない・・・・・・
中途半端な水鏡となってしまいました・・・・・。

この後は特に撮りたいネタも無いので、新青森駅近くの健康ランドで、夜までまったりと過ごして道の駅で仮眠しました。


次回に続きます。

※記事の内容は記事公開時点での情報です。閲覧頂いた時点では商品情報や金額などが異なる可能性がございますのでご注意ください。