こんにちは。こいちゃんです。

先週4日間連休をいただき、北海道へ行ってきました。
その前の週にシグマの新製品レンズ
をメーカーより特別に借りることができましたので、撮影機材の一つとして持って行きました。

結論から言いますと、素晴らしい描写性能のレンズです!!
価格を見るとメーカー純正レンズの倍以上の価格と、かなり重いのでコストに見合う性能なのかが不安でしたが、この価格でも充分買う価値のあるレンズだと思います!

BT5C2394-2.jpg

奥の列車にピントを合わせ、手前の水田がボケるように撮影してみました。
F値はF:4で撮影。被写体が無機物のためシャープに写るようにに少し絞っていますが、稲のボケ具合が自然な感じです。

BT5C2454-2.jpg

室蘭のコンビナートをバルブで撮影しました。長時間露光すると、微妙なコントラストやシャープさが失われがちになりますが、このレンズは見事な描写です。さらに拡大してみると、工場の細かい細部の鉄骨までシャープに写っています。

BT5C2657-2.jpg

3枚目は室蘭本線の長万部付近での撮影。空気が澄んでいて見事な青空だったので、それを表現しようと下からあおってみました。これもブログ画像だとわかりにくいですが、北海道の爽やかな空気が表現されているような!?写りになっています。

このレンズの購入しようか迷っている方!
ワタクシの一押しレンズです!
買っても損は無い写りですよ!(^^)v


追伸
今回の北海道編はブログで全て書くとかなりの長編となるので、ダイジェストで少しずつ掲載しようと思います。そのためかなり端折ることになりますのでフォトブック(イヤーアルバム)を作り、店頭見本として置くことにしました。御来店いただいた際にはお気軽にご覧くださいませ(もちろん「テツ分」全開で、ときどきグルメとネコ?です)




※記事の内容は記事公開時点での情報です。閲覧頂いた時点では商品情報や金額などが異なる可能性がございますのでご注意ください。