みなさん、こんにちは。
巻く部と申します。わーい(嬉しい顔)

雨も降ったり止んだりで鬱陶しい天気小雨、そしてまとわりつく湿気。
我々人間にもキツイですが、
実はカメラにも最悪の環境というのはご存知でしょうか。

高密度の湿気に、程よく暖かい空気・・・
そうです、カビです。ふらふら
奴らは人知れずにレンズやカメラの内部に付着、
望んでなどいないのにスクスクと勝手に成長し、
いざという時に「私を見て!」とばかりに写りこんできます。ちっ(怒った顔)むかっ(怒り)

こーなると後が大変です。
修理や除去に時間がかかるうえ、
福沢さんもどれ程必要になるのか分かりません。
場合によっては、買い換えたほうのが早くて得・・・
そんな事にもなりかねません。

そんな悲劇を無くすため、
キタムラでは密封ボックスや除湿剤等も取り揃えております。
お気になった方は、ぜひ一度、店員にお聞き下さい。わーい(嬉しい顔)

さて、長すぎる前置き・・・たらーっ(汗)、が終わったところで、
引き続きSONYRX100M3のご紹介です。

前回と前々回は、どちらかと言えば私の趣味に走った、
特殊な条件での写真の紹介でした。

今回は普通に花を撮った時のご紹介をしたいと思います。

撮影場所は、西尾市幡豆町の三ヶ根山。
『あじさいロード』というのが期間限定で開催しております。

-4.jpg
こんな感じで、道の両脇に咲いてました。
この写真は、特に設定の変更をする事なく、
カメラのセレクターでおまかせオート選び撮りました。

-5.jpg
今度はセレクターをAの絞り優先です。
RX100M3では、オートフォーカス(シャッター半押し)で
被写体を中央で捕らえつつ、
ピント合わせを維持しながら、少しズラす・・・
なんて事ができます。
この写真のように、手前のあじさいにピントを合わせたまま、
少し左下に持っていって、後方のあじさいを枠内に収め、
ボカしを入れながらシャッターを切る。
こんな事も簡単にできます。

これだけでも同じ花でも、
印象の違った花の写真を楽しめるかと思います。

最後に、お遊びでもう一つ。
-6.jpg
安いので普段から利用しているスーパーを撮った写真ですが、
ピクチャーエフェクトをミニチュアにして、
三ヶ根山の中腹から撮ってみました。
こんな写真もまた一興・・・、
じゃないかと思います。

こんな写真も楽しめるRX100M3
ぜひお楽しみいただけたらと思っております。わーい(嬉しい顔)

※記事の内容は記事公開時点での情報です。閲覧頂いた時点では商品情報や金額などが異なる可能性がございますのでご注意ください。