こんにちわ、時計マニアです!

昨日 「シン・ゴジラ」 を観てきました!


原点回帰を意識したらしく?
ヒーローっぽいイメージではなく、
恐怖の象徴として

「巨大生物が現れたら
日本政府はどう対処するのか」

っていうお話になってました。


 
この今回のゴジラ、強いのはもちろんですが
なんか生き物感が薄くて、見てる者を不安にさせるような
不気味さがあるんですよね~。
あのちっさい目がね・・・(-_-;;)


そして監督があの人なんで
ものすごく
エヴ○ンゲ(以下略)っぽい!(笑)

賛否両論ありそうですが、
“大災害” ともいえる事態に日本人の底力を感じる
ストーリーとか、
邦画にしてはCGも良く出来てて
なかなか面白かったですよ!


てか昨今の邦画のCGシーンって
滑稽にしか見えないんですが(汗)、
この映画はCGを乱用せずに、
派手さじゃなく、ちゃんと 「いいものを作る!」 という
真摯な姿勢が感じれて良かったですね。




これを機に邦画(SF系)のレベルが上がる事に期待!
ではまた~。

※記事の内容は記事公開時点での情報です。閲覧頂いた時点では商品情報や金額などが異なる可能性がございますのでご注意ください。