みなさまはじめまして。
K藤さんよりいったんバトンを預かりました、カメラのキタムラ近江八幡店のIと申します。
私がお送りします新コーナー《風に誘われて》、お付き合いくだされば幸いです。

今回は、今年2月にJR西日本さんの北陸本線米原駅→木ノ本駅間で
運行されました"SL北びわこ号"のお話です。

この列車はいまや日本では数えるほどになってしまった、
蒸気機関車が客車を牽引して運転する客車列車です。

SL北びわこ号は、梅小路機関区に所属するC56形160号機が牽引を担当します。
SL

右側に見える高架は北陸自動車道です。
ここで列車が到着するのを待ちます。
私たちが到着してからしばらくすると、
高校生から年配の方まで幅広い方がぞくぞくと場所取りにこられていました。
SL人気恐るべし…

ほかの撮影者の方々と雑談もしつつ待っていると、いよいよ通過予定時間が近づいてきました。
これまでの和んだ雰囲気とは打って変わって、皆さんの表情は真剣そのものです。

SL
SL北びわこ号木ノ本行き

機関士の方が通過時にサービスで汽笛を鳴らしてくださると、
「おぉーっ!」という歓声が沸きあがりました。
(普段はここでは鳴らしていないそうです。)

乗客の方々が車内から手を振っておられたのが印象に残っています。

汽車が通過し終わると撮影者の方々は順次帰っていかれましたが、
我々は2本目も撮影するために残りました。
(2本運転されました。)

SL

しばらくすると、なんとも可愛らしい単行の機関車が木ノ本駅に向かって走っていきました。
木ノ本駅には転車台(蒸気機関車の方向を変える設備)が無いため、
米原駅へ戻るには別な機関車に引っ張ってもらわないといけないんです。

SL北びわこ号のお話でした。
興味が沸いて乗ってみたいという方がいらっしゃいましたら、
滋賀県やJR西日本さんの公式ウェブサイトで運転日が確認できます。

※記事の内容は記事公開時点での情報です。閲覧頂いた時点では商品情報や金額などが異なる可能性がございますのでご注意ください。