77分間の天体ショー 1月31日は皆既月食を楽しもう!

 2018年1月31日、日本全国で部分食の始めから終わりまでを見ることのできる、条件のよい皆既月食が起こります。日本で皆既月食が見られるのは2015年4月以来、約3年ぶり。刻々と色の変わる様子をライブで楽しみましょう。    

日本全国で全経過を観察できる今回の月食はなんと日本全国で全経過を観察することができます。日本中どこで見ても時刻は変わりません。NASAが提供する月食図を見ると、日本は全経過が見られることを示す白い領域にあります。    

77分間の天体ショーを楽しもう

双眼鏡で手軽に楽しめます!!


月は20時48分に欠け始め、21時51分には完全に欠けて皆既食となります。皆既食が1時間17分続いた後、23時8分には輝きが戻り始め、真夜中を過ぎた0時12分に元の明るい月になります。23時8分までの77分間は、赤胴色に染まる皆既月食がつづきます。比較的観察しやすい時刻に長時間続く皆既食です。77分間の天体ショーを楽しみましょう。

部分食の始め1月31日20時48.1分
皆既食の始め21時51.4分
食の最大(食分※)22時29.8分(1.321)
皆既食の終わり23時08.3分
部分食の終わり2月1日0時11.5分

※「食分」とは日食および月食において,欠けた部分の全体に対する割合を表す数値です。食分0.5とは、月の見かけの直径の50パーセントが欠けることを意味します。食分が1.0以上になると、月が完全に欠けて皆既食となります。


詳しくは

カメラのキタムラ岡山/下中野店

086-805-0571

※記事の内容は記事公開時点での情報です。閲覧頂いた時点では商品情報や金額などが異なる可能性がございますのでご注意ください。