こんにちは!カメラのキタムラ サンリブ古賀店です!

今日は年賀状の基本マナーについてお話します。

年賀状の書き方基本マナー これってタブー?

ボールペンで年賀状を書くのはNG!?

「ボールペンで年賀状を書くのは良くない。」とされているのは、新年の祝い事の場合ボールペンで書く細い字より、毛筆で書いたような太く力強い字の方が良いとされているためです。

またボールペンだと、事務的な印象を与えてしまう可能性があることもその理由のひとつです。

そのため印象が最も良いのは筆で書かれた年賀状とされています。次いで筆ペンや油性のフェルトペン、ボールペン、印字の順番となります。

尚、パソコンで年賀状を作成する場合や、デザインと共に挨拶文が印字されているタイプの年賀状の場合は、そのまま送ってしまうのではなく、送る相手に対しての手書きの一言メッセージを添えましょう。
その際にもボールペンではなく毛筆や筆ペンを使用する方が、相手に対する思いやりが文字を通して伝わります。

 

カメラのキタムラ サンリブ古賀店 では様々なデザインの年賀状印刷を承っています☆

今ならなんと2割引お得な早割受付期間は

最短1時間仕上げ!『年賀状印刷タイプ』が12月6日(火)まで

おしゃれなデザインがたくさん!『写真つき年賀状』が12月8日(木)までとなっております。

※早割終了前は混雑する可能性がございますのでお早めにご注文ください


ご来店を心よりお待ちしております☆


※記事の内容は記事公開時点での情報です。閲覧頂いた時点では商品情報や金額などが異なる可能性がございますのでご注意ください。