こんにちは!

連載して参りました
「ホタル撮影方法」
いよいよ最終回

第4弾! 実践編その2となりますっぴかぴか(新しい)

カメラの設置がすべて終了したら

①撮影モードはM(マニュアル)を確認!
○シャッタースピードはBULB(バルブ)
○ISO感度は400
○絞りは装着しているレンズの開放値
DSCF6090.JPG
ズームレンズならF3.5~4.5
単焦点レンズなら1.8とか2.8
とにかくダイヤルを回して
一番数字が少ないところへセットします

②長秒時ノイズ除去機能がセットされているか?
念には念を入れて今一度、確認して下さい!
DSCF6086.JPG

③撮影時の重要事項
「撮影中はカメラから可能な限り離れる!」

準備している時は
沢山のホタルがいたのに
撮影し始めるとホタルが遠くにいってしまった気がする。。もうやだ〜(悲しい顔)

そう思ったあなた。。。。
それは気のせいではなく正解ですがく〜(落胆した顔)

ホタルも昆虫。。。

人間が発生するガス(主に呼吸で吐く二酸化炭素)を
感じ、危険を感じて逃げてしまいますふらふら

逆にガスで人間の存在を感じて
そばによってくるのは「ヤブ蚊」さんっむかっ(怒り)
つまり、こういう事です。。。。
1ホタル.png

カメラから離れてあげると。。。。手(チョキ)
ホタル2.png


④さあ、あとは暗くなるのを待つだけです!
DSC_0035_8.JPG
早めに準備が完了した方は
ホタルの仲間に変装して
舞を踊って、ホタルを集める儀式を行いましょう!
DSC_0098_5.jpg
ホ~ホ~♪
DSC_0099_4.jpg
ホータルこいっ♪

⑤撮影時間の目安
状況にもよりますので、
一概には言えませんが
1回の露光時間を3~5分程度
基準として撮影してみて下さい

あまり長くあけすぎると
昼間のように明るくなってしまう事もありますので
加減して下さい
(10分以上はあけすぎです!)

また撮影が終了しますと
ノイズ除去作業が始まります!
DSCF6091.JPG
カメラによって作業中のランプの色は
違います(赤や黄緑色が多い)

ランプの点灯中に
次の撮影を開始しますと
ノイズが除去されませんので

必ずランプの消灯を待ってから
次の撮影を開始して下さい

露光時間と同時間かかります!
つまり3分撮影したら
3分ノイズ除去時間です


3分撮影したら3分休憩
と思ってがまんしましょう。。わーい(嬉しい顔)

006_00320170504095341068.jpg
静かなせせらぎの音の中に舞う
幻想的な光。。。。。。

011_00220170504095426155.jpg
うまく撮れでも手(チョキ)
撮れなくてももうやだ〜(悲しい顔)
010_00320170504095417087.jpg
きっと心癒される
ひと時になる事は間違いなしですっぴかぴか(新しい)

もっと詳しく撮影の秘話をお聞きになりたい方は
ぜひ当店に御来店頂き
ご遠慮なく、お気軽に御質問下さい晴れ

ホタルの舞は、これからが本番!
6月中旬まで楽しめますっ手(チョキ)




※記事の内容は記事公開時点での情報です。閲覧頂いた時点では商品情報や金額などが異なる可能性がございますのでご注意ください。