こんにちは
ヽ(´□`。)ノ・゚

いつもご愛読いただきありがとうございます

カメラのキタムラ新宿中古買取センター
のブロガーこと【M】です!

『前回の話』
レンズにカビが生える!
それならどうやって保管すればいいの?
答えは前回のブログをご覧ください。

今回の内容は?

『レンズの中はカビだけじゃないんです。』
前回はレンズの中にカビが
生えることをお伝えいたしました。

実はレンズの保管状況によっては
カビ以外にもそれ以外の問題が
発生してきます。

代表的なものとしては、
「カビ」「バルサム切れ」「くもり」
の3つ。

カビは前回お話しましたので、
今回は「バルサム切れ」のご説明を。

「バルサム」とはレンズとレンズを
くっつける接着剤のことです。
昔はレンズを接着するのにカナダバルサム
と呼ばれる粘度の高い樹脂を使っていました。
最近は合成接着剤が使われております。
言葉だけが残った形です。

そのバルサムが長い期間と、保管状態によって
経年劣化を起こし剥がれかかる症状を
「バルサム切れ」といいます。

次回はその「バルサム切れ」の症状を
ご説明いたします。

っということで・・・・・

今日の買取強化品はこれ!

EOS1DX.png EOS5DMrkII.png

EOS5DMrkIII.png EOS6D.png

EOS5Ds.png EOS5DsR.png


今回はフルサイズのキャノンデジタル一眼レフです。
撮像素子のサイズが35mmフィルム版と同じ
高画質デジタル一眼レフです。

近年。性能もどんどんよくなり5000万画素の
5Dsも発売されました。
そういうわけで、当店では高価買取実施中です。

新しく買い換える際に下取りとしていかがですか?
ぜひ、ぜひ、お売りください。
お待ちいたしております。

【ご注意ください】

※上記の買取価格は10月1日時点の価格です。
買取価格は常に変動しておりますので、
詳しい価格は店員までご質問ください。

※また表記の価格は買取価格の最大値です。
付属品の有無やお品物の状態によりましては
減額される場合がございます。
予めご理解いただきますようお願い致します。

新宿中古買取センター
下取り・買取り
他店徹底対抗実施中!


※記事の内容は記事公開時点での情報です。閲覧頂いた時点では商品情報や金額などが異なる可能性がございますのでご注意ください。