機械式時計はすべからく、高速で行ったり来たりするテンワを備えています 
で、アンティークとかは、ロービートの代表である5振動であることが多いです。
この「振動」とは、一秒間に「行って」「帰って」「行って」「帰って」「行って」すると言うことです。分かりにくいですか?う~んと、往復で言うと、2.5往復したと言うことです。で、これを時間(3600秒)に直すと18000振動な訳で、見慣れた数字になります。
ここからややこしい計算をします。
クオーツは、32768ヘルツです。「ヘルツ」は「往復」と同意と考えれるので、倍すると「振動」になり、65536振動になるわけです。
これを時間になおすと、、、、23592960振動となります。

不毛な計算ですね。振動数=精度で、「正確さ」が時計の価値なら、1カ月に約15秒しか狂わないクオーツが、3000円で買えるのはどうなんでしょうね。

なんでこんな記事を書いたかっていうと、フェラーリまで電気自動車を開発して、エキゾーストノートはどないすんねんって悲しくなったのです。物の価値をどこに見出すかですが、時計はまだ幸福なのでしょう。フィルムカメラがデジタルカメラに駆逐されたように、車がならないとも限りませんしね。



ROLEX(ロレックス)、OMEGA(オメガ)、の買い取りがんばっています

▼時計の買取もキタムラにお任せ下さい!
時計の買取もキタムラにお任せ下さい! 

▼中古時計インターネットで販売中、全国のキタムラ店舗で受取可能
中古時計インターネットで販売中 

新品も当店で受け取れます!
▼カメラのキタムラは新品時計も安い!
カメラのキタムラは新品時計も安い!
 





JR神田駅&新日本橋駅から
徒歩約3分

※記事の内容は記事公開時点での情報です。閲覧頂いた時点では商品情報や金額などが異なる可能性がございますのでご注意ください。