こんにちは、川ウィです

先日、キヤノンからコンパクトデジカメの発表がありました。


その名は「IXY 430F」
キヤノン IXY 430F ゴールド 《8月2日発売予定》キヤノン IXY 430F ピンク 《8月2日発売予定》キヤノン IXY 430F パープル 《8月2日発売予定》キヤノン IXY 430F シルバー 《8月2日発売予定》


詳しいことはメーカーサイトにまかせるとして。

なにが変わってるのでしょうか。

カタログを調べても良かったんですけど。

メーカーの方に聞いてみました。

「ほとんど違いはありません。Wi-Fi機能が少し充実しました」

何でも、アンドロイド携帯に画像を送るとき、従来(420F)のカメラはアクセスポイントが必要だったので、場所によっては画像が送れないと言うこともあったようです。

あたらしい430Fの場合、アクセスポイント自体をカメラに内蔵してるので、いつでもどこでも画像をスマホに送れるそうです。

後はスマホの位置情報(GPS)を利用して、撮影場所の情報を記録することが出来るとか。

さすが新製品!痒いところに手が届く。

しかし、3月に発売されたカメラが、早くも旧製品。

機能はそれほど変わらない旧製品。

むむむ。

これは今後のIXY420Fの価格の動向が気になるところですね。

皆様、要チェックです。


※記事の内容は記事公開時点での情報です。閲覧頂いた時点では商品情報や金額などが異なる可能性がございますのでご注意ください。