みなさんこんにちは。
昨晩某さんに「明日のブログもかるかん祭りです」と
お伝えしていたのですが
先ほどブログ用に画像編集していて気づく。
かるかん写ってる写真、一枚しかなかった。
福山市は駅家町にありますカメラのキタムラ駅家店ブログ担当です。

……あああああああああ

*さくらんぼのコンポートを作ろう・後編
種を取ったさくらんぼに砂糖をぶっこんで約30分。
ボウルから鍋に移して、水とレモン汁と赤ワイン
キルシュヴァッサーを超いいかげんに
目分量でどぼどぼ入れます。

さくらんぼがひたひたしてればそれでいい。

そんないい加減さで浸したあと、火にかけます。
052806.jpg
レモン汁を測ったのは、ここ間違うと味が
微妙になっちゃいそうだから。
ただし大元のさくらんぼの量を測ってないので
実はあまり意味のない行為だったりする。

目測で二杯いれたら十分かな~と思ったから
そこだけ測っていれましたよっていう感じです。

このあとこまめにアクをとりながら
じっくりことこと煮詰めること小一時間。
時々味を確認し、好みの味へと調節していきます。
今回は砂糖一匙分だけ追加しました。

で、
052809.jpg
さくらんぼさん、こんなカンジになりました。
荒熱を取る時間を利用して
残った赤ワインを飲み干す私です(笑)

…一応、容器の煮沸消毒とかやることもやってましたから…!

荒熱が取れたら、こんな風に瓶詰め。
ところで、前からずっと思ってたんだけどさ
このくたくたに煮られたさくらんぼさん、さ…
052810.jpg
と思うのは私だけですかね?

さて、瓶詰めも大事ですがやっぱり出来立てを
すぐ味見することも大事ですよね。
という訳で、瓶詰めの傍らでチャチャっと盛って見た。
052807.jpg
上のさくらんぼが形のせいか、なんかえびっぽくみえる(←

ちなみにこの画像ではそれなりに見えますが
052808.jpg
かるかんにクレームつけられるほどの雑盛り。
いいんだよ、写真に撮った時に美味しそうに写ってれば
現実がどうかなんて、どうでもいいんだよ。
むしろ現実をどう理想通りに写すかが写真の醍醐味じゃん。

あ、一応いっときますが見た目はともかく
味はそこそこ満足いく仕上がりとなりました。
赤ワインの風味がちょい効きな、大人の味というヤツです。
……大丈夫、たまたま来ていた母の友人にも
毒見させたし、お裾分けの瓶も喜んで
持って帰ってくれたから……うん。
ダイジョウブだと思いたい。

メシマズではないはずなのだけど
基本、自分の作ったものは自分しか食べないので
自信を持っては言い切れないブログ担当でした。


スマホで撮ったら、アプリでプリント!


お子さまが眠っている間に、ドライブ中に。
画像を選んでスマホで送信!最短10分後に、お店で写真受取!

スマホアプリ

スマホアプリから注文すると料金もオトク!

デジカメプリント通常1枚38円(税込)が
アプリからなら1枚31円(税込)
(ましかく・DSC・L・はがき・HVサイズ)

★GPS機能で近くのキタムラが分かります
★画像加工した写真もプリントできます!
★おしゃれな「ましかくサイズ」が人気です!



*祭りというか詰め込み
052901.jpg


※記事の内容は記事公開時点での情報です。閲覧頂いた時点では商品情報や金額などが異なる可能性がございますのでご注意ください。