「父さん・・・俺とうとう髪が薄くなって来たよ」

そんな息子の報告に、父はこう言うのでした。

「そうか。それは遺伝だからしかたがない。しかし恥じるんじゃないぞ。

薄毛をからかってくるやつにはこう言い返すんだ。

『俺はカツラを被りさえすれば、お前の髪型にはいつだってなれる。

だが、お前は俺の髪型を真似することはできないだろう!』とな!」




そうこれが




胸を熱くする



光り輝く父と息子のオリジナルヘアー”。






親とは偉大なものです。

薄毛ひとつでこんな気の利いたことを言ってくれるんですもの。

この話を耳にしたとき感動しました。

(そして過分に脚色しました。申し訳ない。)



う~ん・・・



なんとも・・・












にピッタリの話題ですね。







なんでこの話題を書いたかと言えばですね。

チキン食べるでもなし、ケーキ食べるでもなし、

今年のクリスマスも特に報告することがなかったからです。

なので、近頃感銘を受けた話でも書いてみようか、なんて。



まぁ・・・


えぇ~と・・・







あ、そうそう。






「本日のつぶやき」今年は今回で終了です。

奇特なあなたと迷子な私の週に1度の素敵な逢瀬。

来年はもっとハツラツとした話題を綴りたいと願っております。

それでは良いお年をお迎えくださいませ~。






































※記事の内容は記事公開時点での情報です。閲覧頂いた時点では商品情報や金額などが異なる可能性がございますのでご注意ください。